体外受精、顕微授精など特定不妊治療も対応の松本レディースクリニック不妊センター。東京都豊島区池袋駅近くの不妊治療専門クリニックです。

当院の特徴

当院は、「赤ちゃんが欲しいのになかなかできない」と悩んでいらっしゃる方のための不妊治療専門クリニックです。
妊娠しにくい方を対象に、不妊原因の探索、妊娠に向けてのアドバイス・治療を行います。
これまで、不妊で悩んでいた多くの方々が妊娠し、お母様になられています。

一人ひとりに合わせたオーダーメイドの治療

当院は最新のテクノロジーを駆使して不妊の原因を追究すると共に、患者様一人ひとりに合わせたオーダーメイドの治療を行っていきたいと考えております。
ホルモン療法、漢方療法、タイミング指導、人工受精、体外受精など、それぞれの治療方針について十分にご説明し、患者様の同意のもとで不妊治療を進めてまいります。治療方法についてご理解いただくことは、不妊治療に取り組んでいくための大切なプロセスです。カウンセリングもしっかり行っていきますので、現在の症状やお悩み、不安に感じていること等、なんでもお気軽にお話しください。

仕事を続けながら通える診療時間

不妊症に悩む方の多くは、仕事と治療を並行して行っていくかと思います。
当院では仕事を続けながらでも治療のタイミングを合わせられるよう、
朝は8時15分から、また平日や土曜日の午後にも診療時間を設けています。

体外受精コーディネーター・不妊カウンセラー

「不妊治療って、どういったものなんだろう?」
という疑問をお持ちの方に対し、体外受精コーディネーター、不妊カウンセラーが不妊治療の流れをわかりやすく説明いたします。AIH(人工授精)、IVF(体外受精)、顕微授精など、より良い治療を選択していただくため、ご夫婦の希望に合わせてサポートさせていただきます。

保険診療

患者様のご負担を軽減できるよう、可能な限り保険の範囲内で治療を進めていけるよう努力しておりますが、体外受精や顕微授精などは保険適用外のため、高額の治療費がかかる場合もあります。
しかし、現在不妊治療の経済的負担を軽減するため、各自治体が不妊治療費の一部を助成する「特定不妊治療費助成事業」も始まっています。当院はこの「特定不妊治療費助成事業」の指定医療機関となっております。
詳しくはこちら >>

胚・精子凍結

当院は胚凍結、精子凍結等、最新のテクノロジーを駆使し、高い妊娠率を実現しています。

胚凍結
体外受精の際、たくさんの移植可能胚が見受けられた場合は、胚凍結も可能です。
これにより、着床(妊娠)率の向上、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の予防が期待できます。また、凍結されている胚(受精卵)を移植するのであれば、新たに「採卵」「採精」する必要がなくなるため、通院の回数が減るほか、体への負担も軽くなります。
精子凍結
人工授精や体外受精などで精子を使用する場合は、基本的に当日自宅採取していただくことをおすすめしております。しかし、ご主人の仕事のご都合などで治療のタイミングと合わせることが難しい場合は、精子を凍結保存しておくことも可能です。これにより、妊娠の機会を逃さずにすみます。

紹介状について

当院では、分娩を扱っておりません。正常妊娠と赤ちゃんの心拍を確認した時点で(妊娠判定+2週間後くらい)、助産師から母子手帳等について詳しく説明させていただきます。ご希望の出産病院(わからない場合はご相談ください)への紹介状をお渡ししますので、早めに診察を受けてください。無事に治療を終え、妊娠を確認した後も、妊娠初期の異常についてきめ細かいケアを心がけています。
スタッフ一同安全なご出産をお祈りいたしております。

ページ上部へ戻る