体外受精、顕微授精など特定不妊治療も対応の松本レディースクリニック不妊センター。東京都豊島区池袋駅近くの不妊治療専門クリニックです。

診療案内

診察内容

不妊症 人工授精(AIH) 体外受精・顕微授精(IVF) 孵化補助
精子凍結保存 受精卵凍結保存 胚盤胞移植 漢方外来 男性外来

初診の方

予約制ではありません。直接のご来院をお願いいたします。
ただし、日曜祝日は予約制です。お問い合わせください。
初診の方の受付終了時間は、平日午前12:00、午後は18:00です。
土曜日の受付終了時間は、午前11:00、午後15:00です。

●初診の方の受付時間   ※休診日:年末年始
  日・祝日
午前 8:15〜12:00 午前8:15〜11:00 午前8:15〜11:30
午後14:30〜18:00 × 午後13:45〜15:00 ×

再診の方

再診の方はご予約制となります。診療内容によっては患者様ご自身でのご予約ができないものがあります。
ご予約はこちらのページからお願いいたします。日曜祝日のご予約はお電話でお願いいたします。
詳しくはお問い合わせください。

●再診の方の受付時間   ※休診日:年末年始
  日・祝日
午前 8:15〜12:30 午前8:15〜11:30 午前8:15〜11:30
午後14:30〜18:30 × 午後13:45〜16:00 ×

※ご不明な点がございましたら、お電話でお問い合わせください。TEL : 03-5958-5633

着床外来

着床外来
着床外来は、体外受精・胚移植(IVF-ET)の治療を行っている患者様を対象に、より詳しく着床能を調べることを目的として開設しました。
良好胚は得られるにも関わらず、妊娠に至らない方、着床能について詳しく調べたいご希望のある患者様はご相談ください。
他院受診中の患者様も着床外来のみの受診も可能ですが、感染症などの確認の採血を受けていただく必要があります(1年以内であれば他院での結果を持参していただくのでも構いません)。

着床とは
受精卵(胚)が子宮内膜に接着し、浸潤し、妊娠が成立する一連の過程を指します。
体外受精・胚移植(IVF-ET)で良好な胚を戻したにもかかわらず妊娠に至らない場合などは、着床に問題がある可能性があります。
不妊治療初期から詳しく評価することで、妊娠に近づける可能性があります。
下記の検査を組み合わせることにより、着床能を多角的に調べることができます。
* この検査周期では移植は行いません。検査のみです。

検査
子宮鏡検査
子宮内を観察することのできる内視鏡で、外来で行うことができます。
着床には子宮内の環境が非常に重要です。子宮鏡により、子宮内膜ポリープ、子宮筋腫、子宮内膜炎の存在などを調べます。これらにより着床が妨げられることが分かっています。

ERA(エラ)
ERA(子宮内膜着床能検査 Endometrial Receptivity Analysis) 受精卵(胚)を移植しても妊娠に至らない場合、 実は遺伝子レベルでは着床の準備が整っていない場合があります。
受精卵を移植する日の内膜が着床可能状態にあるかを遺伝子レベルで 調べる検査です。

EMMA(エマ)
EMMA(子宮内膜マイクロバイオーム Endometrial Microbiome Metagenomic Analysis)では、子宮の細菌環境が胚移植に最適な状態であるかどうかを判定することができます。子宮内のフローラ(常在菌(病原菌を含む))
を調べ、着床に大切な乳酸菌の割合を調べます。
反復着床不全(RIF)患者において、子宮内膜細菌叢の影響が明らかにされています。

ALICE(アリス)
ALICE(感染性慢性子宮内膜炎 Analysis of Infectious Chronic Endometritis)では、子宮内における慢性子宮内膜炎に関与していると思われる菌の有無と割合を調べます。
慢性子宮内膜炎は、主に細菌性病原体による子宮腔の感染に起因する子宮内膜の持続的な炎症です。不妊症の女性の約30%が罹患し、反復着床不全(RIF)患者および不育症(RPL)患者の有病率は60%に達するにもかかわらず通常は無症状なため、確認できずに慢性子宮内膜炎が見逃されることもよくあります。

IVF教室(体外受精教室)のご案内

開講日 毎週土曜日 14:30〜16:30

当院で体外受精をされる場合には、事前に必ず受講していただいております。
この教室は、通院中の方もそうでない方も受講が可能です。
予約制ですので、お電話でご予約いただくか、インターネットでのご予約をお願い致します。

教室のご案内ページよりご予約できます。

漢方外来

毎週木曜日の午後、産婦人科と漢方の両方の専門医資格をお持ちの
森裕紀子先生(女性)が担当いたします。不妊のみならず、女性のいろいろな
症状に対応した治療をいたします。

男性外来 (予約制)

毎週木曜日の午後、泌尿器科生殖医療専門医で帝京大講師の木村将貴医師(男性)が担当いたします。

当院での男性外来では以下の診断、治療をしています。
*無精子症
*乏精子症、精子不動症
*精索静脈瘤
*ED(勃起障害)
*射精障害

検査としてはスクリーニング検査として精液検査の他、精巣の診察・精巣超音波・ ホルモン採血を行っています。
他、AZF遺伝子検査、染色体検査も可能です。
費用は全額自費となります。

初診料 3,000円 / 再診料 1,500円
ホルモン採血 10,000円     等 別途消費税

ページ上部へ戻る