体外受精、顕微授精など特定不妊治療も対応の松本レディースクリニック不妊センター。東京都豊島区池袋駅近くの不妊治療専門クリニックです。

不妊治療について

  • 不妊症とは
  • 妊娠のしくみ
  • 不妊症の検査
  • 不妊症の治療
  • 費用について

不妊症の治療

不妊症の治療法は、大きく分けて3種類あります。

タイミング法
排卵予測日に、夫婦生活(性交)をする方法です。
タイミング法は、不妊検査で目立った原因がない場合に行います。
AIH(人工授精)
洗浄した精子を子宮の中に入れる方法です(IUI)。
タイミング法と違うのは、精子が膣に入るか、子宮に入るかというところです。
IVF(体外受精)
IVFの実施には、一般的に以下のような基準が設けられています。
  • ・ 両方の卵管が閉塞している。
  • ・ 夫の精子数・運動率が低い。
  • ・ 子宮内膜症を患っており、薬物療法、手術などでもあまり効果がない。
  • ・ 原因不明不妊など、不妊期間が1年以上で積極的に治療(タイミング法やAIHなど)をしても妊娠しない(抗精子抗体を含む)。 など。
ただし、不妊期間が1年以上でなければIVFを受けられないとか、タイミング法やAIHなどを試みてからではないとIVFを受けられない、という事ではありません。ご夫婦の希望、ご事情なども考慮し、十分相談した上でIVFを行うかどうか決定することになります。

タイミング法

タイミング法とは、排卵予測日に、夫婦生活(性交)をする方法です。
タイミング法は、不妊期間がまだ短く、不妊検査で目立った原因がない場合に行います。

タイミング法の実際
  • 超音波検査(エコー)で、卵胞の大きさを計測し、排卵日を予測します。一番大きな卵胞(主席卵胞)が20mmを超えると思われる日が排卵予測日です。
    目安としては、月経が28〜30日周期の場合、月経開始後12〜14日頃になります。
    来院は、排卵予測日の2〜3日前です。
  • 排卵予測日に性交
  • 予定月経日になっても月経が訪れず、さらに7〜10日過ぎるようであれば、妊娠反応がないかどうか確認します。残念ながら月経が来てしまった場合は、再度タイミングをみていくことになります。
    ※排卵予測日や性交後にHCGの注射で排卵を促したり、ホルモンの補充を行ったりすることもできます。
タイミング法の目安

半年〜1年くらいです。ご希望により2〜3ヶ月という場合や、1年半ということもあります。不妊期間、年齢、性交回数、他院での治療経過、ご夫婦のご希望により、期間に差が生じます。

仕事などでご来院が難しい方
仕事などでご来院が難しい方

排卵日を予測するにあたり、ご来院が難しく超音波検査(エコー)ができない方は、排卵検査薬を使って排卵日を予測することが可能です。卵胞が大きくなると、「排卵しましょう!!」と脳からホルモンが分泌されます。このホルモンが血中に流れ、腎臓を通過し、尿中へと排泄されます。これにより、尿を検査することでホルモンが分泌されたかどうかを知ることができるのです。

ただし、この検査はあくまでもホルモンが出たかどうかを確かめるものであって、排卵したかどうかを判断するものではありません。
今のところ、排卵したことを確かめる確実な検査方法はなく、実際に妊娠した時でなければ排卵を証明することができないのが実情です。
ただし、BBTの上昇や、超音波検査による主席卵胞の消失の確認、子宮内膜の分泌変化、黄体や子宮後方のエコーフリースペースの確認などがあれば、排卵した可能性は高くなります。

AIH(人工授精)

AIHは、不妊検査で「精子の数が少ない」「精子の運動率が低い」ことが認められた場合や、フーナーテストで「精子が子宮に入っていない」などが懸念される場合等に行われます。
料金 AIH ¥16,200(税抜) ※注射や薬が処方される場合があります。合わせて¥20,000(税抜)程度となります。

AIHの実際
  • 超音波検査(エコー)で卵胞の大きさを計測し、排卵日を予測します。
  • 排卵予測日の午前中に、AIHを行います。
    • a)感染防止のため、抗生剤を2日間内服します。
    • b)HCGの注射をします(肩、またはお尻への筋肉注射)。精子と卵子がタイミングよく出会えるよう、大きくなった卵胞を刺激して排卵を促します。
    ※朝、精液をお持ちいただき、洗浄、分離、濃縮といった50分ほどの作業を行います。
    AIH後は普段通りの生活をしていただけますが、当日のみスポーツや水泳等は避けてください。
  • 予定月経日になっても月経が訪れず、さらに7〜10日過ぎるようであれば、妊娠反応がないかどうか確認します。残念ながら月経が来てしまった場合は、再度卵胞の大きさを計測していくことになります。
    ※AIH後、妊娠反応の確認を早く行いすぎると、仮に妊娠していなくても、HCGの注射の影響で妊娠反応が陽性になる場合があります。ご注意ください。
AIHの目安
AIHの目安

目安は5〜6回ですが、5〜6回実施したら、その後AIHができないというわけではありません。AIHによる平均妊娠率は、8%程です。1回目で妊娠しなかった方のみ2回目を行い、2回目も妊娠しなかった方のみ3回目を行うため、回数が多くなればなるほど、妊娠率は下がっていきます。このすべてを平均した数値が8%前後となります。どのくらいAIHを続けていくのかは、ご夫婦のご希望によります。

IVF(体外受精)

IVF(体外受精)

当院の体外受精では、自然周期、あるいは調節卵巣刺激法での採卵を行っています。 調節卵巣刺激法では、一回の採卵で複数の卵を得ることが可能です。

受精方法には、コンベンショナル顕微授精があります。コンベンショナルについては、ある程度の精子の数が必要です。ただし、精子の数が十分であっても、受精障害により一つも受精しない場合もあります。これを回避するため、複数の卵が採卵できた場合、コンベンショナルにいくつ、顕微授精にいくつというように、予め分けて行う方法をスプリットとよんでいます。

コンベンショナルまたは顕微授精を行った翌日に受精の確認を行い、正常受精したものについて培養を行っていきます。受精が困難な場合には、精子の活性化卵子の活性化を行い受精を促します。採卵周期に行う新鮮胚の移植は、受精5日目までに行うことができます。複数個の良好胚の一つを移植し残りを凍結する余剰胚凍結、あるいは、その周期には移植を行わず良好胚すべてを凍結する全胚凍結を行い、次周期以降、子宮内膜の状態の良い時期、またはご都合に合わせての融解胚移植に備えます。

移植や凍結の指標となるのは、形態的な評価です。通常5日間ほどの培養を行いますが、当院では分割期胚である受精3日目、胚盤胞期胚である受精5日目に観察と評価を行い、その際のお写真を差し上げています。胚移植、胚凍結も主にその日にちで行っています。

また着床を促すための方法として、胚盤胞が透明帯から脱出するのを助けるための孵化補助術(アシステッドハッチング)、3日目胚と5日目胚を凍結して一つの周期に時間差で移植する二段階胚移植、またその一段階目で培養液の注入を行うSEET法等も行っています。

調節卵巣刺激法とは

排卵の時期をコントロールするGnRHアゴニストの点鼻薬と、排卵誘発剤の注射を使用します。
(注射には、7日間程度の来院が必要です)

●卵巣刺激法の例
GnRHアゴニストと、注射の開始時期を表した基礎体温表をいくつか紹介します。

■ショート法(グラフをクリックすると拡大表示されます)
ショート法
■ロング法(グラフをクリックすると拡大表示されます)
ロング法
GnRHアゴニスト製剤を高温中期から使用し、生理3日目頃より注射をスタートする
■クロミフェン法(グラフをクリックすると拡大表示されます)
クロミフェン法
自然周期採卵の例です。
コンベンショナルとは
コンベンショナルとは

精液は、遠心で分離濃縮し、swim-upを行い、良好運動精子を選別します。この精子調整後の所見が良い(運動精子濃度が当院の基準を満たす)場合、コンベンショナルの適応となります。

ディッシュ内の培養液に、卵子と調整後の精子を入れます。体内では卵管の卵子までたどり着ける精子は極少数ですが、コンベンショナルの精子数は万単位です。精子を選別し、距離という障害を取り除くことで受精を補助します。

卵子の周りの卵丘細胞や透明帯を貫通できるかどうかは精子自身の力によります。この能力は測ることができず、適応基準値を満たしていても、ひとつも受精に至らない、受精障害がおこる場合もあります。

顕微受精とは
顕微受精とは

細いガラス管を用いて、一つの成熟卵子に一つの精子を直接注入する方法です。精液を、遠心で分離濃縮しswim-upを行い、良好運動精子を選別し、その中から形態の正常な精子を選び行います。

精子の数が少ない場合、運動性が低い場合に適応となります。 また、精子は本来、超運動性の獲得、頭部の変化、透明帯への接着貫通など、さまざまなプロセスを踏んで卵子の中への侵入を果たしますが、顕微授精では、その過程がバイパスされます。精子所見は良いけれどコンベンショナルで受精しなかった場合等にも有効な方法です。

胚発生のおおよその流れ
受精1日目
受精1日目 
(コンベンショナルまたは顕微授精後 約16時間から20時間)

前核期
正常受精卵では、二つの前核(雄性前核と雌性前核)が確認できます。正常受精したものについて培養を行っていきます。

受精2日目
受精2日目 (約42時間から44時間後)

4分割期
分割期胚については、分割速度は正常か、割球が均一で大小不同がないか、フラグメント(細胞の断片化)はないかで評価を行います。この時期、割球はひとつひとつが全能性を持っています。いくつかの割球が変性したとしても、それによって完全体を形成する能力が失われるわけではありません。

受精3日目
受精3日目 (約66時間から68時間後)

8分割期
さらに分割が進み8分割ほどになります。当院ではまずこのタイミングで胚の観察、評価を行い、移植するか、凍結するか、培養を続けるか等の方針を定めます。

受精4日目
受精4日目  (約90時間から92時間後)

桑実胚期
さらに分割した割球同士が強く接着(コンパクション)し合い、桑の実のような形態となります。いよいよ細胞の分化(特殊化、働きが定まっていくこと)が始まります。

受精5日目
受精5日目 (約114時間から116時間後)

胚盤胞期
将来、赤ちゃんになる内細胞塊(ICM)、胎盤になる栄養外胚葉(TE)に分かれます。それぞれの細胞の状態について、細胞数が多いか細胞同士が密に接着しているかで評価を行います。当院での二度目の観察、評価のタイミングとなり、良好胚盤胞については凍結、または移植を行います。発生速度の遅い胚については、受精6日目、7日目まで培養を続け凍結することもあります。

孵化後

胚盤胞期では、細胞が増え、腔が拡がり容積が増していきます。大きくなることで透明帯(細胞質を囲む殻のようなもの)を破り脱出(孵化)します。当院での主な凍結ステージは、孵化中胚盤胞までとなります。


以下が胚盤胞期における発生ステージです。
初期胚盤胞→胚盤胞
→完全胚盤胞(中央の腔が完全に胚を満たし細胞が透明帯いっぱいに拡がっている)
→拡張胚盤胞(中央の腔がどんどん拡がり容積を増すことで透明帯が薄くなっている)
→孵化中胚盤胞(さらに容積を増すことで透明帯を破り、細胞が脱出し始めている)
→孵化後胚盤胞(胚全体が透明帯から完全に脱出している)

調節卵巣刺激法 自然周期
次回採卵までの期間を1周期あける必要がある。 自然周期のため、毎月採卵が可能。
複数の卵胞の採卵が可能(個人差があります)。 採卵数は1〜2個で、卵胞が確認できても必ずしも卵子を採取できるとは限らない。
OHSS(卵巣過剰刺激症候群)のリスクが高い。 OHSS(卵巣過剰刺激症候群)のリスクがない。
都合に合わせて採卵時期をある程度調節することができる。 採卵時期を調節することができない。
採卵回数が少なくて済み可能性が高い(採卵あたりの妊娠率が高い)。 採卵回数が多くなりがち。
GnRHアゴニストやアンタゴニストを使用し、5〜6回程度注射が必要。 注射の回数が少なくて済む。採卵数1〜2個であれば、無麻酔でも可能。
余剰胚は胚凍結し、次回妊娠希望時に使用できる。 採卵キャンセル率が高い傾向にある。

アンタゴニストを使う場合は、「クロミッド内服」や「自然周期に数回のFSHの注射」などにより、刺激強度の強度をコントロールすることが可能です。これにより、調節卵巣刺激法と自然周期の中間的なこともできます。

受精着床の補助について

精子の活性化
顕微受精には、形態が正常な生存精子を用いることが重要です。運動精子については生存精子と判断することができますが、不動精子しか見つからない場合、または全体として運動精子はいるけれど数が少なく正常形態精子の確保が難しい場合などには、ペントキシフィリンが有効です。ペントキシフィリンには、運動性を賦活する働きがあるため、生存精子の判別が容易になります。また受精率の改善に有効である、という報告もあります。

卵子の活性化
精子が卵子に侵入すると、精子から卵子活性化物質が放出され、卵子内のカルシウム濃度が上昇し、それによって停止状態の減数分裂が再開され、受精に至る様々な発生が進行していきます。顕微授精しても受精しない場合、カルシウム濃度の上昇が起きていない可能性があります。顕微授精直後にカルシウムイオノフォアを添加しカルシウム濃度の上昇を助けることは、受精率の改善に有効です。

孵化補助術(アシステッドハッチング)
受精卵(胚)は、『透明帯』という殻のようなものに囲まれています。胚盤胞期において、細胞が増え、腔が拡がり、どんどん大きくなることで透明帯を破り脱出(孵化)します。孵化がうまくいかず脱出できないと着床することができません。孵化障害は、妊娠に至らない原因のひとつであると考えられます。脱出しやすくするため、透明帯の円周1/3から1/2ほどに切れ目を入れること、これを孵化補助といいます。

二段階胚移植法・SEET(シート)法
通常、精子と卵子は卵管の中で受精し、受精した卵子(胚)は、成長しながら五日ほどかけて子宮に移動していきます。その移動中の数日間に、胚は子宮内膜へ信号を送り、その信号により子宮内膜は数日かけて胚を受け入れる状態に変化することが明らかになってきています。体外受精では、受精から移植まで、培養庫の中で育てられるので、胚はその信号を送ることができません。子宮内膜の受け入れ態勢が不十分なために着床できない胚もあるのではないか、と考えられています。

そこで、移植周期の3日目に初期分割胚を移植し、子宮内膜の受け入れ態勢を誘導した上で5日目に胚盤胞を移植し、胚盤胞の着床の可能性をより高いものとする方法が二段階胚移植です。また、同じ効果を狙って、培養に用いた培養液を3日目の初期分割胚の代わりに子宮の中に注入するのがSEET(シート)法です。

いずれにしても胚、培養液の凍結を行った上で凍結融解胚の移植周期に行う方法ですので、計画的な凍結が必要となります。採卵の際にご相談下さい。

『生殖医療に係る安全管理のための指針』 当院では配偶子、受精卵の操作にあたって、安全確保の観点から 1.必ず一列ずつ行い、複数列の同時操作は行いません。 2.ダブルチェック体制で行います。 3.配偶子、受精卵の状況を逐一ご報告しております。 4.万一の停電時には非常用電源で胚を守る体制を整えております。 平成22年5月 医療法人社団 愛慈会 松本レディースクリニック 院長 松本和紀
ページ上部へ戻る
  • 不妊症とは
  • 妊娠のしくみ
  • 不妊症の検査
  • 不妊症の治療
  • 費用について