MENU
閉じる
お気軽にお問い合わせください
03-6907-2555 診療予約

診療内容 診療科目・費用

ホーム診療内容診療科目・費用

 

診療科目

不妊治療、高度不妊治療

当院は1999年に開院以来、多くの方の妊娠のお手伝いに携わってまいりました。ホルモン検査などの採血検査や超音波検査などを行いながら、タイミング法や人工授精などの一般不妊治療、ご希望の方はステップアップし体外受精などの高度不妊治療も行っております。タイムラプスやピエゾイクシーなど最新鋭の設備も整っています。当院では基本的にPPOSという高刺激をお勧めしています。卵巣機能が低下している方、多嚢胞性卵巣の方は通常高刺激は難しいのですが、当院ではこの刺激法でかなりの成績をあげています。

着床外来

着床外来はより詳しく着床能を調べることを目的として開設しました。
良好胚は得られるにも関わらず、妊娠に至らない方、着床能について詳しく調べたいご希望のある患者様はご相談ください。
慢性子宮内膜炎の組織検査、子宮内フローラ検査、難治性着床不全に対するPTC-FD治療などがあります。
他院受診中の患者様も着床外来のみの受診も可能ですが、感染症などの確認の採血を受けていただく必要があります。

男性外来

当クリニックは泌尿器科の生殖医療専門委による男性外来併設クリニックです。
男性側でも何か治療ができないかお悩みの方、EDや射精障害で夫婦生活がうまくいかずストレスやプレッシャーを感じている方もいらっしゃると思います。
当院では週1日ではありますが専門的な診療を行い、ご夫婦の希望が叶うよう婦人科と一緒に治療を進めていきます。

漢方外来

当院では最新のテクノロジーで最新の治療ができる体制を整えていますが、一方で『漢方』 という古来の療法にも着目しています。当院の漢方外来では、漢方の専門医の診療を受けることができます。通常の不妊治療と漢方による体質改善を並行することで、よりよい結果をもたらしてくれることが期待できます。


費用について

当クリニックでは、様々な症状に応じて、一人ひとりに応じたオーダーメイドの治療を行います。
実際にどの程度かかるのかご不安な方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

成功報酬など、妊娠時の加算などはございません。

 

診察・検査料金表
診察(自費の方の場合)
初診料 ¥3,300
再診料 ¥1,100
内診と経膣超音波 ¥2,200
検査(自費の方の場合)

超音波検査

¥2,200

スメア(細胞診)

¥3,300
クラミジア抗原検査 ¥4,070
感染症スクリーニング検査
(HBs抗原、HCV抗体、HIV1,2抗体、梅毒検査)
¥6,600
精液検査(精子検査) ¥6,600
抗精子抗体検査 ¥8,800
風疹HI ¥2,200
血算 ¥1,100
血液型ABO+Rh式 ¥1,320
ビタミンD ¥2,200
処置
AIH(配偶者間人工授精) ¥17,820
IVF(体外受精)料金表 
わかりにくいと思いますので、診察時に気軽にご質問いただければ幸いです                             ★は必要な方のみ
点鼻薬
ブセレリン酢酸塩点鼻薬 ¥16,500
アンタゴニスト注射
1回 ¥11,000
排卵誘発剤注射
ペンタイプ(4~9日)

¥55,000 〜 ¥143,000 

他、薬代が必要となります。

 

1. 採卵費用
自費 

① 採卵 0個 ¥66,000
  1個 ¥77,000
2個以上 1個につき ¥11,000 加算 ¥88,000 〜 ¥165,000
10個以上 ¥176,000
② 麻酔 局所麻酔 ¥11,000
  静脈麻酔 ¥33,000
2. 受精費用
自費 

① 精子調整料

(通常の媒精、conventionalを含む)

  ¥77,000
② 顕微授精 ICSI 1~3個 ¥33,000
  ICSI 4~6個 ¥55,000
7個以上 1個につき右記加算 ¥11,000
★カルシウムイオノフォア ¥22,000
★ペントキシフィリン処理料 ¥22,000

③ 精子調整料(TESE)

(通常の媒精、conventionalを含む)

  ¥77,000
④ 顕微授精 (TESE) ICSI 1~3個 ¥66,000
  ICSI 4~6個 ¥110,000
  7個以上 1個につき右記加算 ¥22,000
  ★カルシウムイオノフォア ¥22,000
  ★ペントキシフィリン ¥22,000

 

 

3. 胚培養費用
自費 

受精卵~胚盤胞培養(Day5)   ¥66,000
受精卵~分割期培養(Day3)   ¥44,000
分割期培養(Day3)~胚盤胞培養(Day5)   ¥22,000
タイムラプス培養料  17個未満  ¥33,000
17個以上  ¥66,000

 

 

4. 凍結・融解費用
自費 

① 胚凍結料 1個 ¥55,000
  2個以上 1個につき ¥11,000 加算 ¥66,000 〜 ¥154,000
  11個以上 ¥165,000
  ★再凍結 ¥44,000
  ★培養液(シートメディウム)凍結 ¥11,000
② 凍結胚融解料 1個 ¥33,000
  2個 ¥55,000

 

 

5. 精子凍結
自費 

① 精子凍結料 1本 ¥22,000
  2本以上 1本につき ¥10,000 加算 ¥33,000 〜

 

 

6. 胚移植費用
自費 

胚移植(新鮮胚移植・凍結融解胚移植) ¥77,000
★2ヶ胚移植(新鮮胚移植・凍結融解胚移植) ¥99,000
★孵化補助術(AHA) ¥33,000
★二段階胚移植 ¥77,000
★シートメディウム子宮内注入 ¥22,000
★Embryo Glue 使用 ¥22,000

 

 

お支払い例 
※別途 診察料 薬代 採血料がかかります
例A 採卵(無麻酔)で採卵数0個の時
  採卵 ¥66,000
例B 採卵(局所麻酔)で採卵数2個、受精3日培養しそのうち1個を新鮮胚移植、凍結胚なし
採卵2個+局所麻酔+一般体外受精+受精卵~分割期培養+胚移植
¥88,000 + ¥11,000 + ¥77,000 + ¥44,000 + ¥77,000 = ¥297,000
例C 採卵(局所麻酔)で採卵数5個、うち4個顕微授精し受精3日培養、1個を凍結し1個を新鮮胚移植
¥121,000 + ¥11,000 + ¥132,000 + ¥44,000 + ¥55,000 + ¥77,000 = ¥440,000
例D 採卵(静脈麻酔)で採卵数8個、うち5個顕微授精し受精3日培養し1個を凍結、他2個を5日培養し凍結

¥154,000 + ¥33,000 + ¥132,000 + ¥66,000 + ¥77,000 = ¥462,000

 

※治療費の一部は自治体や会社にて助成を受けられる場合があります。

 →特定不妊治療助成事業(厚生労働省HP)

 →助成金制度について

申請方法や事業の詳細につきましては、お住いの自治体のHP等でご確認ください。

着床外来 料金表

自費

子宮鏡検査 慢性子宮内膜炎検査パック ¥16,500 / 子宮鏡検査単独の場合 ¥22,000
ERA ¥165,000 / 再検査 ¥121,000 / 再再検査 ¥33,000
子宮内膜組織検査(CD138染色) ¥22,000
膣培養検査 ¥3,300
子宮内フローラ検査 ¥55,000
シネMRI 造影剤あり ¥23,100 / 造影剤なし ¥15,400

 

 

診療案内 Clinical info

More
初診の方
8:15〜12:00 ※1 ×
14:30〜18:00 × ※2 ×
※1 / 8:15〜11:00 ※2 / 13:45~15:30
再診の方
8:15〜12:30 ※1 ※3
14:30〜18:30 × ※2 ×
※1 / 8:15〜11:30 ※2 / 13:45~16:00
※3 日曜・祝日の診察・処置は松本レディースクリニックにて完全予約制で行います。