MENU
閉じる
お気軽にお問い合わせください
03-5958-5633 診療予約

検査について

ホーム » 不妊治療について » 検査について

不妊症の原因として挙げられる状態や疾患はさまざまです。
そのため、不妊症の治療に入る前に、何が妊娠の妨げになっているのかを調べるための検査が必要です。検査は月経周期に合わせて行い、不妊症の原因が推定できれば、それに対応して治療方針を立てることができます。
不妊症の検査は不妊治療の第一歩です。

 

基礎体温表

朝目覚めてすぐ、身体を動かす前の横たわった状態で、口腔内(舌下)に婦人体温計を入れて体温を測定します。その体温を表にしたものが基礎体温表です。「体温が低い期間は卵胞期」「体温が高い期間は黄体期」など、基礎体温表によって排卵の有無や卵巣の働き方がわかり、排卵日を推定することができます。

基礎体温表
 

血中ホルモン測定

基礎体温を見ながら、性周期にそって2回行います。この検査によって、ホルモンが正常に分泌されているかどうかがわかります。
排卵障害が疑われる場合には、黄体化ホルモン放出ホルモンテスト(LH-RHテスト)や、甲状腺ホルモンの測定などが行われることもあります。

 

抗精子抗体検査(要予約)

月経周期にかかわらず検査できます。精子の運動を阻害する精子不動化抗体を調べます。

 

AMH(抗ミュラー管ホルモン検査)(要予約)

月経周期にかかわらず検査できます。AMH(抗ミュラー管ホルモン)は発育過程にある卵胞から分泌されます。
血中AMH値が原始卵胞から発育する前胞状卵胞数を反映すると考えられます。
つまり、原始卵胞(卵巣内で待機している卵胞)が少なくなってくると(卵巣予備能が低くなると)AMHの値が低くなります。
そのため、AMHは卵巣予備能(*)の目安となる評価指数として注目されてきています。
(*卵巣予備能とは、卵巣の中に残っている卵子の数の目安のことです。)

 

子宮卵管造影検査(HSG)(要予約)

子宮卵管造影検査(HSG) (要予約)

月経終了後~排卵前の低温期に、2日間にわたって行う検査です。
子宮内に注入した造影剤が子宮から卵管に流れていく様子をレントゲン撮影によって調べます。その映像から、子宮の内腔の形状に問題がないかどうか、左右の卵管がつまっていないかどうかをチェック。また、卵管が一部狭くなっている「狭窄」や、卵管の内部がくっついている「閉鎖」のほか、粘膜下筋腫の有無や過伸展などもわかります。

※造影剤にはヨードが含まれているので、ヨードにアレルギー反応を起こす人は検査を受けられません。

 

HSGは痛みを伴う検査だと聞いて嫌がる方もいらっしゃるようですが、本来はさほど痛い検査ではありません。当院では痛みを最小限に抑える方法を採用しているのでご安心ください。また、卵管がちゃんと通っていると痛みを感じることが少なく、逆につまりぎみだと造影剤を押し出す圧力などから痛みを感じることが多いようです。痛みに対する個人差はありますが、検査中に感じる痛みの強さも、卵管が通っているかどうかを判断する材料のひとつとなります。
この検査は卵管の通りをよくする治療もかねていますので、検査後の2~3周期は妊娠しやすくなり、自然妊娠される方も少なくありません。

※油性造影は半年程度骨盤腔に残りますが、問題ないのでご安心ください。

 

子宮鏡検査(要予約)

子宮内腔、内膜の観察を行い内膜ポリープなどの発見を試みます。

 

精液検査(精子検査)(要予約)

男性不妊の基本的な検査です。禁欲期間が短いと精子濃度や精液量が減少してしまうので、3~4日禁欲した後に、病院で渡された広口の容器に精液を採取します。採取した精液から、精液量、精子濃度、精子運動率、奇形率、運動性などを調べます。精液の状態は、体調やストレスなどによって大きく変動します。そのため、結果が悪かったとしても、1~3週間以内の間隔をおいて、再度検査を受けるようにしましょう。

 

経膣超音波

超音波の検査には、おなかの上からプローブをあてる経腹超音波と、膣にプローブを挿入する経膣超音波の2種類がありますが、経膣超音波の方が、より正確に卵胞の状態を調べることができます。性周期を追いながら、卵胞の発育の様子や排卵の有無、子宮内膜厚測定、排卵の異常や粘膜下筋腫の有無などを確かめることが可能です。

 

妊活検査パック

専門的な検査はまだ考えていないけれど、ご自分の体について少し検査を考えている方にお勧めです。
3回の来院の中でホルモンや卵巣の状態を見ていきます。
ホルモンの採血をすることによって、卵巣機能の低下、卵胞の発育不全、排卵障害、卵巣の予備能がわかります。また、超音波検査により子宮や卵巣を調べます。結果については郵送でも、来院でのご説明でもご希望に応じて承っております。
郵送を希望された方には、結果報告は書面のみとなります。
電話でのお問い合わせは応じかねますのでご了承ください。

パック料金 ¥24,000+¥1,920(消費税)=¥25,920
※出来るだけ同一周期での検査が望ましいですが、ご無理な場合は1回目の検査から3か月以内に全ての検査を受けてください。

1回目の検査から順次受けていただくため、生理になったらお電話で予約をお願いいたします。

検査内容

1回目:

ホルモン採血(LH、FSH、PRL、E2)+AMH
生理が始まった日を1日目として、2~5日目に来院

2回目:

超音波検査、ホルモン採血(E2)
生理が始まった日を1日目として、10~13日目に来院

3回目:

ホルモン採血(E2, P4)
生理周期が28~30日周期の方・・・ 生理が始まった日を1日目として20~23日目に来院
生理周期が31日より長い方・・・生理が始まった日を1日目として24~28日目に来院

※生理周期とは:生理が始まった日から次回の生理の前日までの期間をいいます。

 

ホルモン採血でわかること

LH:黄体化(黄体形成)ホルモン

排卵を促し卵胞を黄体へ変化させる。
排卵される卵子の最終成熟を促す。

FSH:卵胞刺激ホルモン

脳下垂体から分泌され卵胞の発育を促す。

PRL:プロラクチン 乳腺刺激ホルモン

乳汁分泌を促すホルモン。本来、授乳している時に分泌される。
妊娠を望む場合、高値を示すと月経不順、排卵障害をおこす原因になる。

E2:エストラジオール 卵胞ホルモン

排卵が近くなったり、卵胞が発育し大きくなると上昇する。
卵胞数が多くなる場合も上昇する。
頸管粘液を増やし子宮の内膜を厚くする。
卵胞内の卵子を成熟させる。
エストロゲンが高くなると下垂体のLH分泌(LHサージ)を促し結果排卵を促します。

P4:プロゲステロン 黄体ホルモン

排卵すると卵胞が黄体に変化しプロゲステロンの分泌が高まる。
受精卵の着床を促し、体温をあげる作用がある。
着床後の妊娠を維持するためのホルモン。

 

超音波検査で分かること

1)排卵・着床にかかわる卵巣、子宮の性周期内の状況把握。

(卵胞の発育状態、子宮内膜の厚さ。)

2)妊娠に関わる子宮・卵巣の病疾の有無の検索。

(子宮筋腫、卵巣のう腫、子宮腺筋症、子宮内膜ポリープ)

 

着床検査

ERA(エラ)

ERA(子宮内膜着床能検査 Endometrial Receptivity Analysis)

かつてより、受精卵(胚)を受け入れる適切な時期があることはいわれていました。これを、着床の窓(着床ウィンドウ)といいます。移植しても妊娠に至らない場合、 実は遺伝子レベルでは着床の準備が整っていない場合があります。
この検査の目的は受精卵を移植する日の内膜が着床可能状態にあるかを遺伝子レベルで調べることです(RNAを用います)。
子宮内膜に受精卵が着床できる時間や時期には個人差があり、着床の窓(着床ウィンドウ)の開いている、適切な時期に受精卵を移植することにより妊娠の可能性を上げることができる可能性があります。
これまで 全世界3万を超える臨床例によって、ERA検査を受けられた方の30%近くが着床の窓(着床ウィンドウ)の時期がずれていたという結果が分かっています。
各患者様に適した移植時期を特定することにより、妊娠率が24%上昇したという報告もあります。
人工周期で子宮内膜を肥厚させ、凍結胚移植を行うタイミングで子宮内膜を採取します。子宮内膜のRNAを解析に用いるわけですが、RNAは非常に不安定で分解されやすい性質があります。検体を直ちに専用の溶液と混合し、4℃に冷やし、スペインのラボに空輸します。スペインの次世代シークエンサーを用いて解析を行います。
下記のEMMA、ALICEも同様の方法で行います。
※こちらの検査は体外受精・胚移植(IVF-ET)の治療を行っている患者様が対象です。

 

EMMA(エマ)

EMMA(子宮内膜マイクロバイオーム Endometrial Microbiome Metagenomic Analysis)では、子宮の細菌環境が胚移植に最適な状態であるかどうかを 判定することができます。子宮内のフローラ(常在菌(病原菌を含む))を調べ、着床に大切な乳酸菌の割合を調べます。
反復着床不全(RIF)患者において、子宮内膜細菌叢の影響が明らかにされています。
※こちらの検査は体外受精・胚移植(IVF-ET)の治療を行っている患者様のみでなく、一般不妊の治療を行っている患者様も受けていただくことができます。

 

ALICE(アリス)

ALICE(感染性慢性子宮内膜炎 Analysis of Infectious Chronic Endometritis)では、子宮内における慢性子宮内膜炎に関与していると思われる菌の有無と割合を調べます。
慢性子宮内膜炎は、主に細菌性病原体による子宮腔の感染に起因する子宮内膜の持続的な炎症です。不妊症の女性の約30%が罹患し、反復着床不全(RIF)患者および不育症(RPL)患者の有病率は60%に達するにもかかわらず通常は無症状なため、確認できずに慢性子宮内膜炎が見逃されることもよくあります。
また、起炎菌であるマイコプラズマやウレアプラズマは通常の検査では検出されない特殊な菌で、さらに検出を難しくする要因となっています。
※こちらの検査は体外受精・胚移植(IVF-ET)の治療を行っている患者様のみでなく、一般不妊の治療を行っている患者様も受けていただくことができます。

診療案内 Clinical info

More
初診の方
8:15〜12:00 ※1 ※2
14:30〜18:00 × ※3 ×
※1 / 8:15〜11:00 ※2 / 8:15〜11:30 ※3 / 13: 45〜15:00
再診の方
8:15〜12:30 ※1 ※2
14:30〜18:30 × ※3 ×
※1 / 8:15〜11:30 ※2 / 8:15〜11:30 ※3 / 13: 45〜16:00
費用について